ページ

2012年5月4日金曜日

ペーパークラフト - ライトニング・マックィーン[Cars]



今回は、子供に大人気のディズニー映画『Cars 2』から主人公

『 ライトニング・マックィーン』を作ってみました。

こんなに可愛くできるとは・・・・・


ライトニング・マックィーン





今作ではピストン・カップを4回連続優勝し、正真正銘の世界的な名声を博している。休暇を取る予定がひょんなことから「ワールドグランプリ」のアメリカ代表のレーサーとなる。
外見が変わり、ウイングや本当に機能するヘッドライトの装備をしている。ボンネットにはピストン・カップとハドソン・ホーネット(ドック)が描れている。なお、ドックは明言こそされていないものの前作と今作の間に死去したと見られ、登場しない。 via: wikipedia

ダウンロード


PaperReplika さんのこちらからダウンロード出来ます。

 ↓

  

 

作成


『 ライトニング・マックィーン』を作ってみたい方は、リンクのほうに詳しく作成手順が載っているのでそちらを見ればよくわかると思います。

作成の参考になればと、作成中の写真と少しの解説を載せときます。


 サイズを変更する


下の写真ですが、左側の白黒がオリジナルサイズです。タイヤサイズが3.6cmあり、かなり大きいので、これを右側のように 縮小させて作るとすごい可愛いく出来ます。


おすすめペーパークラフト用紙

オリジナルはA4用紙4枚使用しますが、今回はこれをA4用紙1枚にしました。

PDFを印刷する時に『ページサイズ処理』を複数にすると、用紙1枚に複数ページ印刷することが出来ます。『1枚あたりのページ数』を調整することで大きさが変わります。

紙を無駄にしないで縮小できるので、僕はよく使っている機能です。


この方法で約8.5cmサイズの可愛らしい『 ライトニング・マックィーン』を作ることができます。

 ポイント


切り出したパーツの切り口をカラーペンで塗ります。

円形のパーツなどはペンなどを下のように使って丸みをつけます。

車のペーパークラフトはタイヤ・ホイールの作成が結構大変で時間がかかると思います。

タイヤが完成すると一気に進みます。


完成 


今回作ったサイズだと少し難しいかも知れないのでA4用紙に2ページ入るくらいの大きさだと作りやすいかも知れません。

色々なサイズで試してみて下さい。






ライトニング・マックィーン可愛いですね。

『Cars 1』の初期型もダウンロード出来るみたいなのでまた作ってみようと思います。


  ペーパークラフトを作るにはこちらの記事も参考にしてください。


ペーパークラフト - の作り方をダンボーを使って紹介します

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿